映画に感謝を捧ぐ! 「ポリスアカデミー6 バトルロイヤル」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はピーター・ボナーズ監督の

 「ポリスアカデミー6 バトルロイヤル」に感謝を捧げようと思います。

ポリスアカデミー6 [DVD] - デイビッド・グラフ, ババ・スミス, マイケル・ウィンスロー, ピーター・ボナーズ
ポリスアカデミー6 [DVD] - デイビッド・グラフ, ババ・スミス, マイケル・ウィンスロー, ピーター・ボナーズ

 1984年の映画「ポリスアカデミー」を

 もとにして作られた人気シリーズの6作目となる本作は

 笑撃的な苦闘ぶり&秘めたる先見性を

 感じさせるシリーズ第6弾であります。

 1990年以降のアクション映画を彩る

 「犯罪からテロへの移行」・「諸悪の根源が味方内にいる」を

 「ポリスアカデミー」シリーズ特有の

 バラエティ番組的緩やかさを保ちながら
 
 繰り出してくるストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に続編映画にありがちな

 「シリーズ数を増やすことが目的化する」現象に陥りつつも

 作品本来の魅力を保とうとする人々の奮闘ぶりと

 後年のアクション映画を覆う「潮流」への入り口が

 無意識に開かれていく光景の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (スパイ活劇性とドタバタ喜劇性を絡み合わせた

 「決着の付け方」となっている点も見逃せません。) 

 まさにシリーズ維持の苦しみと

 アクションとコメディを結ぶ絆を象徴する

 「ポリスアカデミー第6章」であると言えるでしょう。

 犯罪捜査からテロ対策へと移行しつつも

 マイペースを貫く精神と

 「続編映画の法則」に宿る光と闇を世に示した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント