映画に感謝を捧ぐ! 「マシーン・オブ・ザ・デッド」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はクライヴ・コーエン監督の

 「マシーン・オブ・ザ・デッド」に感謝を捧げようと思います。

マシーン・オブ・ザ・デッド [DVD] - ジュリー・ストレイン, ブリンク・スティーブンス, ジュリー・ストレイン
マシーン・オブ・ザ・デッド [DVD] - ジュリー・ストレイン, ブリンク・スティーブンス, ジュリー・ストレイン 

 凶悪犯「エドモンド・ヴェイガー」と彼を取り巻く人々の

 運命を描いた本作は
 
 SF映画史上屈指の「奇想天外にして堅実な大怪作」であります。

 「ホラー風味入り異常心理サスペンス」の王道

 「登場キャラクターのほとんどをロボットにする」という奇策

 「巨乳女性&人体破壊」へのこだわり

 「似通った襲撃描写」を繰り返す手法

 見せ場以外を極限まで省力化する潔さ

 「ゾンビ映画」の装飾を施す邦題戦術が一体となる光景は

 私に、マニア気質と省エネ&リサイクル精神による共同戦線と

 宗教的台詞を駆使したハッタリ戦術

 娯楽ジャンルの特定を困難にする技法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (「悪霊系ホラー」風味の奇襲攻撃に

 驚かされる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級ホラー&ポルノ型ロボット系SF」の
 
 称号にふさわしい一作であると言えるでしょう。

 効率主義、残酷趣味、宗教的ハッタリ、即物的お色気

 描写の量産化戦術が絡み合うことによって生じる

 混沌に圧倒される本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント