映画に感謝を捧ぐ! 「フリークス 怪物團」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はトッド・ブラウニング監督の

 「フリークス 怪物團」に感謝を捧げようと思います。

怪物團 [DVD] - ウォーレス・フォード, オルガ・バクラノヴァ, トッド・ブラウニング
怪物團 [DVD] - ウォーレス・フォード, オルガ・バクラノヴァ, トッド・ブラウニング

 トッド・ロビンスの小説「スパーズ」をもとにして作られた本作は

 軽量さの中に壮絶なる皮肉&観察眼を宿す

 日常劇であります。

 愛憎&欲望渦巻くサーカス団の人間模様

 サスペンス&ホラー風味溢れる映像技

 過剰なまでに個性的な外見を持った

 俳優&女優陣を融合させることによって

 怪奇恐怖と心理的恐怖が共存する作品世界が

 生成されていく光景は

 私に閉鎖的環境がもたらす人間性の歪みと

 「外見」によって内面を判断してしまう恐怖を

 映画的に表現する試み

 「本物」故の存在力&説得力を最大限に発揮する描写法

 モンスター映画要素とホームドラマ要素が

 独特のバランスで共存する現象の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (内面が外見を侵略したかのような雰囲気に包まれた

 「悪女の末路」が印象深い幕切れと

 なっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級愛憎+日常劇」の歴史に輝く

 大胆不敵な強豪作であると言えるでしょう。

 暇つぶし規模のスケール感&スピード感で

 怪奇恐怖の源が「人心」に宿る悪であるとメッセージ

 世間とは一線を画した個性によって

 世に受け入れられぬ存在となってしまった人々への愛情

 表面的イメージによって他者を判断する本能に対する

 警鐘を放つ姿に圧倒される本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント