映画に感謝を捧ぐ! 「雲の中の散歩」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアレッサンドロ・ブラセッティ監督の

 「雲の中の散歩」に感謝を捧げようと思います。

イタリア映画 コレクション にがい米 DVD10枚組 ACC-180 - アントニオ・アルチディアコノ, ジュゼッペ・アルチディアコノ, ドリス・ダウリング, シルヴァーナ・マンガーノ, イングリッド・バーグマン, マリオ・ビターレ, アルベルト・ソルディ, ブルネラ・ボーヴォ, イザ・ポーラ, ルチアノ・デ・アンプロジオ, エミリオ・チゴリ, アントニオ・チファリエッロ, リヴィア・ヴェントリーニ, ジーノ・チェルヴィ, アドリアーナ・ベネッティ, ヴィットリオ・デ・シーカ, ジーナ・ロロブリジーダ, ジェンナロ・ピサノ, マリリン・バッファード, アドリアーナ・ベネッティ, イラセマ・ディリアン, ルキノ・ヴィスコンティ, ジュゼッペ・デ・サンティス, ロベルト・ロッセリーニ, フェデリコ・フェリーニ, ヴィットリオ・デ・シーカ, カルロ・リッツァーニ, ミケランジェロ・アントニオーニ, ディノ・リージ, ェデリコ・フェリーニ, フランチェスコ・マゼッリ, チェザーレ・ザヴァッティーニ, アルベルト・ラトゥアーダ, アレッサンドロ・ブラゼッティ, ルイジ・コメンチーニ
イタリア映画 コレクション にがい米 DVD10枚組 ACC-180 - アントニオ・アルチディアコノ, ジュゼッペ・アルチディアコノ, ドリス・ダウリング, シルヴァーナ・マンガーノ, イングリッド・バーグマン, マリオ・ビターレ, アルベルト・ソルディ, ブルネラ・ボーヴォ, イザ・ポーラ, ルチアノ・デ・アンプロジオ, エミリオ・チゴリ, アントニオ・チファリエッロ, リヴィア・ヴェントリーニ, ジーノ・チェルヴィ, アドリアーナ・ベネッティ, ヴィットリオ・デ・シーカ, ジーナ・ロロブリジーダ, ジェンナロ・ピサノ, マリリン・バッファード, アドリアーナ・ベネッティ, イラセマ・ディリアン, ルキノ・ヴィスコンティ, ジュゼッペ・デ・サンティス, ロベルト・ロッセリーニ, フェデリコ・フェリーニ, ヴィットリオ・デ・シーカ, カルロ・リッツァーニ, ミケランジェロ・アントニオーニ, ディノ・リージ, ェデリコ・フェリーニ, フランチェスコ・マゼッリ, チェザーレ・ザヴァッティーニ, アルベルト・ラトゥアーダ, アレッサンドロ・ブラゼッティ, ルイジ・コメンチーニ

 お菓子のセールスマン「パオロ」と

 未婚の母となった女「マリア」の運命を描いた本作は

 滑稽さと渋味が交錯する恋愛喜劇であります。

 口うるさい妻に苦しみながらも

 淡々と日々を生きる男と

 恋人に裏切られ、家族の目を恐れながらも

 帰郷しようとする女の「約1日の疑似夫婦生活」を

 ドタバタ喜劇、恋愛劇、道中劇、舞台劇の特性を

 組み合わせながら描いていくストーリー&演出は

 私に「和やかさと哀しみが入り交じった世界」と

 「陰鬱な状況」を題材としながらも

 ユーモア性&効率性を保ち続ける作劇法&映像技の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (能天気なハッピー・エンドや不倫映画的方向性に背を向けて

 クールさと優しさ、爽快感と苦味が絡み合う

 幕切れへと着地している点も見逃せません。)

 まさに「日常系道中恋愛喜劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 ユーモアとシリアス、映画技法と舞台劇技法

 ロマンス&ホームドラマと巻き込まれサスペンスが

 独特のバランスで配合される事によって生を受け

 イタリア文化の一端を写し出す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント