映画に感謝を捧ぐ! 「花と木」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はバート・ジレット監督の「花と木」に

 感謝を捧げようと思います。

うさぎとかめ [DVD]
うさぎとかめ [DVD]

 森で暮らす植物たちの運命を描いた本作は

 素朴な技巧とユーモアに溢れたアニメーション映画であります。

 童話感満載のキャラクター造形と

 上品且つ軽快な音楽に合わせて舞い踊る

 キャラクターたちをもり立てるための

 「裏方」に徹するストーリーが一体となる光景は

 私に「トーキー技法とサイレント技法、実写芸とアニメーション芸の共同戦線」と

 「行いと結果の関係」を映画的に表現する技法の
 
 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (和やかなユーモアとブラック・ユーモアがクールに並び立つ

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「植物系日常劇」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 大衆芸の伝統、ディズニー的技術&サービス精神

 映画的合理主義の粋を結集した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント