映画に感謝を捧ぐ! 「乗馬練習場」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はイヴ・アレグレ監督の「乗馬練習場」に

 感謝を捧げようと思います。

乗馬練習場 [DVD] - ベルナール・ブリエ
乗馬練習場 [DVD] - ベルナール・ブリエ

 交通事故に遭い、入院した女性「ドラ」と

 夫「ロベール」の運命を描いた本作は

 精神&技巧的葛藤に彩られた愛憎劇であります。

 過酷でありながらも穏やかな

 人情劇の世界を生きてきた男が

 妻の秘密を知ることによって

 愛憎&欲望渦巻く世界へと引きずり込まれる光景を

 日常劇、恋愛劇、陰謀劇の手法を

 使い分けながら描いていくストーリー&演出は

 私に自分の信じていた世界が「偽り」であることを

 思い知らされる恐怖と

 ロマンス&ホームドラマとサスペンスを結ぶ絆の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「死」に勝る制裁を受けた悪女親子と

 孤独の闇へと去っていく男の姿が

 ハッピー・エンドとも悲劇とも異なる味わいを放つ

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「世界崩壊系愛憎劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 経済的に追いつめられながらも

 愛を信じ続け、全てを失った男

 愛と欲心の間で揺れ動く悪妻

 欲望に支配され、娘を「悪女」へと導く姑が

 「知らぬが仏」という諺のフランス的解釈を写し出す本作と
 
 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント