映画に感謝を捧ぐ! 「影なき殺人」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエリア・カザン監督の「影なき殺人」に

 感謝を捧げようと思います。

影なき殺人 [DVD] - ダナ・アンドリュース, エリア・カザン, ダナ・アンドリュース, ジェーン・ワイアット, リー・J・コッブ, キャラ・ウィリアムズ, リチャード・マーフィ
影なき殺人 [DVD] - ダナ・アンドリュース, エリア・カザン, ダナ・アンドリュース, ジェーン・ワイアット, リー・J・コッブ, キャラ・ウィリアムズ, リチャード・マーフィ

 1924年のコネティカットで発生した

 神父殺害事件をもとにして作られた本作は

 バランス感覚と生真面目さに彩られた

 実話系犯罪映画であります。

 「著名人の殺害」が社会に与える影響

 犯罪に対する捜査&証言において

 「客観的目線&公正さ」を保つことの難しさ

 公共事業に潜む「魔性」を

 社会派的メッセージと娯楽的魅力のバランスを保ちながら

 写し出していこうと奮闘するストーリー&演出と
 
 実像と娯楽映画風味を独特のバランスで配合したキャラクター造形は

 私に「教材性と大衆娯楽性による共同戦線」と

 「映画的情報処理&歴史脚色術」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (登場人物のその後を「娯楽映画的ハッピー・エンド」風に

 描写した幕切れを通じて

 複雑な事件を娯楽映画化することの重要性&難しさを

 示している点も見逃せません。)

 まさに「犯罪サスペンス型社会論」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 膨大な情報&複雑な社会問題を

 「暇つぶし映画」の枠内にまとめ上げる

 技術力&戦術性に圧倒される本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント