映画に感謝を捧ぐ! 「血塗られた墓標」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマリオ・バーヴァ監督の

 「血塗られた墓標」に感謝を捧げようと思います。

血ぬられた墓標 [DVD] - マリオ・バーヴァ
血ぬられた墓標 [DVD] - マリオ・バーヴァ

 悪魔狩りによる処刑から

 2世紀の時を経て甦った公女「アーサ」が

 もたらす惨劇を描いた本作は

 技巧的魔性に溢れた怪奇映画であります。

 17世紀のヨーロッパを覆う狂気

 光&影を駆使した映像技、ホラー的人体破壊

 童話的装飾&風景、俳優&女優陣の怪演が

 一堂に会することによって生成された

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「神秘的恐怖とアトラクション的恐怖による共同戦線」と

 吸血鬼系ホラーと悪魔系ホラーの特性を

 融合させることによって生じる科学反応の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ハッピー・エンドに属しつつも

 安堵感&爽快感よりも陰鬱さが勝る

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「中世史劇系怪奇映画」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。 

 暇つぶし規模のスケール感&スピード感の中で

 命を奪われる恐怖、魂を蝕まれる恐怖

 理解不能な現象に遭遇する恐怖

 過去の因縁に縛られる恐怖が絡み合う本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント