映画に感謝を捧ぐ! 「サンライズ(1927年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はF・W・ムルナウ監督の「サンライズ(1927年版)」に

 感謝を捧げようと思います。

サンライズ クリティカル・エディション [DVD] - ジャネット・ゲイナー, ジョージ・オブライエン, F・W・ムルナウ, ヘルマン・ズーデルマン, F・W・ムルナウ, ジャネット・ゲイナー
サンライズ クリティカル・エディション [DVD] - ジャネット・ゲイナー, ジョージ・オブライエン, F・W・ムルナウ, ヘルマン・ズーデルマン, F・W・ムルナウ, ジャネット・ゲイナー

 農村に住む夫婦と彼らを取り巻く人々の

 運命を描いた本作は

 多彩な表情と技を持ったサイレント夫婦劇であります。

 各種娯楽要素を組み合わせつつ

 教訓性&文学性を宿したストーリーと

 娯楽的技巧と神秘性を兼ね備えた演出が

 波瀾万丈でありながらも和やかな

 夫婦の生き様を写し出す光景は

 私に「心理」を映像的に表現する手法

 物語の魅力を最大限に引き出す為の映像&効果音技法

 「愛」の持つ危うさ、強靱さ、和やかさを

 映画的に表現する試みの一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アクション映画的決着を抑制し

 平和主義的なハッピー・エンドへと着地する

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「映画技法+夫婦関係+地域性入門」の

 一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 ロマンス、サスペンス、日常劇、コメディ

 冒険活劇の醍醐味を共存させるバランス感覚

 サイレント映画でありながら「説明台詞」への依存を抑制し

 映像&効果音で語る技術力

 夫婦関係、都会文化と地方文化の関係

 男女関係への鋭い目線によって

 後年の映像作品を導く存在となった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント