映画に感謝を捧ぐ! 「クリスマスの休暇」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロバート・シオドマク監督の

 「クリスマスの休暇」に感謝を捧げようと思います。

世界の推理小説傑作映画 クリスマスの休暇 [DVD] - ディアナ・ダービン, ジーン・ケリー, リチャード・ウォーフ, ディーン・ハーレン, グラディス・ジョージ, ゲイル・ソンダーガード, デイヴィッド・ブルース, ロバート・シオドマク, サマセット・モーム, ハーマン・J・マンキーウィッツ, ディアナ・ダービン
世界の推理小説傑作映画 クリスマスの休暇 [DVD] - ディアナ・ダービン, ジーン・ケリー, リチャード・ウォーフ, ディーン・ハーレン, グラディス・ジョージ, ゲイル・ソンダーガード, デイヴィッド・ブルース, ロバート・シオドマク, サマセット・モーム, ハーマン・J・マンキーウィッツ, ディアナ・ダービン

 サマセット・モームの同名小説をもとにして作られた本作は

 物語&技法的葛藤に彩られた愛憎劇であります。

 男女の愛と家族愛、異常心理サスペンス要素と恋愛劇要素

 暇つぶし娯楽性と文学性がせめぎ合う

 ストーリー&演出、キャラクター造形&キャスティングは
 
 私に「ラブ・コメディ色の強い俳優&女優+挿入歌」を
 
 異常心理劇の世界へと誘うことによって生じる科学反応と

 愛の持つ魅力&危険要素を映画的に表現する試みの

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (狂気の終わり、悲劇の訪れ、新たなる人生への旅立ちを

 静かに写し出す幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「異常心理系恋愛悲劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 喜劇的風貌の中に凶悪性を宿す男

 彼と狂気的な絆で結ばれた母親

 彼らを恐れながらも愛を貫こうとした男の妻

 そして、愛を失った後

 運命の悪戯によって彼女たちの運命に接することによって

 愛の奥深さを思い知らされた軍人の姿を

 多彩な娯楽技法を駆使しつつ

 暇つぶし映画的躍動感を保ち続けながら

 描ききった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント