映画に感謝を捧ぐ! 「黒猫(1934年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエドガー・G・ウルマー監督の「黒猫(1934年版)」に

 感謝を捧げようと思います。

黒猫 [DVD] - ボリス・カーロフ, エドガー・G・ウルマー, ボリス・カーロフ, ベラ・ルゴシ, デービッド・マナーズ
黒猫 [DVD] - ボリス・カーロフ, エドガー・G・ウルマー, ボリス・カーロフ, ベラ・ルゴシ, デービッド・マナーズ

 エドガー・アラン・ポーの同名小説をもとにして

 1934年に作られた本作は

 軽やかなる妖気に包まれた怪奇映画であります。

 愛と憎しみによって狂気へと誘われた男2人のせめぎ合いと

 彼らの思惑&魔性に巻き込まれた夫婦の運命を

 怪奇映画的映像技と見せ場主義の

 限りを尽くして描いていくストーリー&演出は

 私に「戦争&自制なき愛情」がもたらす惨劇を

 怪奇映画的に表現する試みと

 神秘性と効率性の両立を図る技法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (宿敵と共に自らを葬ることによって

 心中の悪魔を滅しようとするかのような復讐者の

 最終選択が印象深い「決着の付け方」と

 なっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級復讐系怪奇映画」の雄と呼ぶにふさわしい
 
 作品であると言えるでしょう。

 E・A・ポーの怪奇小説を自分流に加工しようとする大胆さ

 怪奇俳優B・カーロフ&V・ルゴシの存在力

 見世物的残酷描写に依存することなく

 怪奇映画的スリル&サスペンスを高めていく映像技が炸裂する本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント