映画に感謝を捧ぐ! 「ロード・インフェルノ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はルドウィック・クラインス監督の

 「ロード・インフェルノ」に感謝を捧げようと思います。

ロード・インフェルノ [DVD] - ユルン・スピッツエンベルハー, ルドウィック・クラインス, ルドウィック・クラインス, アーノルド・ヘスレンフェルト, バート・ポット, バート・ジェイコブス, ユルン・スピッツエンベルハー, アニエック・フェイファー, ウィレム・デ・ウルフ
ロード・インフェルノ [DVD] - ユルン・スピッツエンベルハー, ルドウィック・クラインス, ルドウィック・クラインス, アーノルド・ヘスレンフェルト, バート・ポット, バート・ジェイコブス, ユルン・スピッツエンベルハー, アニエック・フェイファー, ウィレム・デ・ウルフ

 夫の実家を目指す4人家族の運命を描いた本作は

 道中劇と異常心理劇の特性が

 豪快且つ軽やかに絡み合う一作であります。

 「激突!」・「ヒッチャー」・「フォーリング・ダウン」

 「ロードキラー」の特性を組み合わせたストーリー&演出と

 好感の持てる登場人物を極限まで抑制した

 キャラクター造形が一体となる光景は

 私に「日常」に潜む危険要素と
 
 正義を振りかざす人間特有の狂気を

 アクション映画的に誇張して表現する試みの

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (肩すかし的ハッピー・エンドと見せかけて

 敵役の逃走術&執念に驚かされる

 幕切れへと着地している点も見逃せません)

 まさに「軽量級抗争系道中劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 被害者であるにもかかわらず「同情」を抱きにくい

 性格を持つ主人公一家と

 凶悪な倫理観を持った「謎の男」との対決よりも

 彼らの闘いに翻弄される地元住人&警察の悲哀が

 印象深いという怪現象を放つ本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント