映画に感謝を捧ぐ! 「陽気なルームメイト」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョージ・スティーヴンス監督の

 「陽気なルームメイト」に感謝を捧げようと思います。

陽気なルームメイト [DVD] - ジーン・アーサー, ジョエル・マクリー, チャールス・コバーン, ジョージ・スティーヴンス, ロバート・ラッセル, ジーン・アーサー
陽気なルームメイト [DVD] - ジーン・アーサー, ジョエル・マクリー, チャールス・コバーン, ジョージ・スティーヴンス, ロバート・ラッセル, ジーン・アーサー

 運命の悪戯によって同居生活を始めた

 男女3人の運命を描いた本作は
 
 1940年代のアメリカ事情と

 穏健派娯楽的サービス精神が絡み合う

 恋愛喜劇であります。

 第2次大戦期のアメリカにおける住宅事情&男女人工差と

 恋愛喜劇+ドタバタ喜劇の王道を

 融合させることによって生を受けたストーリー&演出は

 私に「戦時下」に生きる人々の思いを喜劇的に表現する試みと

 マイペースな老紳士がもたらす珍騒動から

 若い男女のロマンスへと急進させる妙技の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ハッピー・エンドの装飾を纏いつつ

 要所となる部分を巧みに抽象化することによって

 鑑賞者の想像力を刺激する幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「異世代間交流喜劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。
 
 主演者3人によるユーモラスな掛け合いと

 日常喜劇的でありながらも「戦争」への皮肉を感じさせる

 ストーリー展開を堪能させてくれる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント