映画に感謝を捧ぐ! 「ブラインデッド」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジェシー・トーマス・クック監督の

 「ブラインデッド」に感謝を捧げようと思います。

ブラインデッド [DVD] - アダム・シーボルド, ジェシー・トーマス・クック, リヴ・コリンズ, ケヴィン・レヴィー, リヴ・コリンズ, ジェシー・トーマス・クック, ジョン・ゲデス, マット・ウィール, アダム・シーボルド, リヴ・コリンズ, ライ・バレット
ブラインデッド [DVD] - アダム・シーボルド, ジェシー・トーマス・クック, リヴ・コリンズ, ケヴィン・レヴィー, リヴ・コリンズ, ジェシー・トーマス・クック, ジョン・ゲデス, マット・ウィール, アダム・シーボルド, リヴ・コリンズ, ライ・バレット

 視力を失った男「ベン」と妊娠中の警官「マーラ」の

 運命を描いた本作は

 1996年の映画「ファーゴ」と米ドラマ「ウォーキング・デッド」を

 組み合わせたかのような世界で

 ゾンビ系ホラーの本質を写し出す一作であります。

 「ゾンビに立ち向かう視覚障害者+妊婦」という

 過酷な状況設定を繰り出しつつ

 緩やかに進行するストーリー&演出は

 私に「ゾンビ系ホラー」が謎解きよりも

 闘い&人間模様を重んじる存在であるというメッセージと

 「ゾンビ系ホラー的予算&人員節約術」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (他のゾンビ系ホラーに比べて「絶望感」を薄めた

 作風となっている点も見逃せません。)

 まさに「ゾンビ系ホラー&ハンディキャップ系ヒーロー入門」の

 一翼を担う存在であると言えるでしょう。

 ゾンビ系ホラーの恐怖&哀愁+省力要素と

 ハンディキャップを抱えながら闘う主人公&ヒロインの醍醐味を

 小規模映画会社的力業によってつなぎ合わせた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント