映画に感謝を捧ぐ! 「ミッドウェイ 運命の海」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマイケル・フィリップス・Jr監督の

 「ミッドウェイ 運命の海」に感謝を捧げようと思います。

ミッドウェイ 運命の海 [DVD] - ジャド・ネルソン, マイケル・フィリップスJr, アダム・クレイン, ジョシュア・ミンヤード, スコット・ニコレイ, ジャド・ネルソン, C・トーマス・ハウエル, ジェイド・ワイリー, ジョン・エニック, アダム・ペルティエ, ジェームス・オースティン・カー
ミッドウェイ 運命の海 [DVD] - ジャド・ネルソン, マイケル・フィリップスJr, アダム・クレイン, ジョシュア・ミンヤード, スコット・ニコレイ, ジャド・ネルソン, C・トーマス・ハウエル, ジェイド・ワイリー, ジョン・エニック, アダム・ペルティエ, ジェームス・オースティン・カー

 「ミッドウェイ海戦」における実話をもとにして

 2019年に作られた本作は

 壮絶なる奇襲技に驚かされる実話系戦争映画であります。

 「ミッドウェイ海戦」を題材としつつ

 戦争映画的軍事アクション、冒険活劇的人間模様

 「オープン・ウォーター」シリーズ的海難を

 TVゲーム感溢れるCG映像を融合させた

 ストーリー&演出、キャラクター造形を

 繰り出すという奇襲技は

 私に「歴史」の暇つぶし映画的活用法、ハッタリ宣伝戦術

 大作映画要素の小規模映画会社的利用法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「アクション映画的ハッピー・エンド」の後に
 
 戦争における情報収集の難しさを後世に示した

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「肩すかし型実話系戦争映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 大作系戦争映画風装飾と

 暇つぶし映画的節約精神が絡み合いながら

 緩やかに進行する光景が

 戦争&戦争映画に対する「ある種の皮肉」を放つ本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント