映画に感謝を捧ぐ! 「D.N.A.Ⅱ」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はウィリアム・メサ監督の「D.N.A.Ⅱ」に

 感謝を捧げようと思います。

D.N.A.II LBXS-027 [DVD] - マーク・ダカスコス, ユルゲン・プロフノウ, カイリー・トラヴィス, トーマス・タウス・Jr, ウィリアム・メサ
D.N.A.II LBXS-027 [DVD] - マーク・ダカスコス, ユルゲン・プロフノウ, カイリー・トラヴィス, トーマス・タウス・Jr, ウィリアム・メサ

 医師「アッシュ」、CIAエージェント「クレア」

 科学者「ウェッシンガー」の運命を描いた本作は

 優等生の装飾を纏いつつ奇策を駆使する

 脅威のモンスター映画であります。

 1987年の映画「プレデター」の流れを汲みつつ

 マッド・サイエンティスト要素&ホラー的装飾を加え

 「人間同士の闘いを長きにわたって繰り広げる」という

 奇想天外な方向へと進行するストーリー&演出

 「モンスター映画の法則」に沿ったキャラクター造形

 原題に忠実であろうとしながら

 1996年の映画「D.N.A/ドクターモローの島」に便乗しようとする

 邦題戦術が一体となる光景は
 
 私に「暇つぶし+見世物映画的サービス精神」が暴走する現象と

 モンスター映画における「モンスター以上の凶悪性を宿す人間」の

 重要性&危険性を世に示す試みの

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ロールプレイング・ゲームと西部劇の特性を組み合わせ

 戦争映画的装飾を施した幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「小規模映画会社風味満載系SF」の

 一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 モンスター映画、冒険活劇、戦争映画の持ち味&技術が

 軽やか&賑やかにせめぎ合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント