映画に感謝を捧ぐ! 「ビフォア・サンセット」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はリチャード・リンクレイター監督の

 「ビフォア・サンセット」に感謝を捧げようと思います。

ビフォア・サンセット [DVD] - イーサン・ホーク, ジュリー・デルピー, リチャード・リンクレイター
ビフォア・サンセット [DVD] - イーサン・ホーク, ジュリー・デルピー, リチャード・リンクレイター

1995年の映画「ビフォア・サンライズ 恋人たちの距離」を

 もとにして作られた人気シリーズの2作目となる本作は
 
 他の続編映画とは一味違う「絆」を

 感じさせる作品であります。

 前作の精神&人間関係を継承しつつ

 時間的制約&会話の躍動感+スケール感を

 強めることによって生を受けた

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「キャスト&スタッフと作品の結びつきが強まることによって

 現実と物語の境界線が抽象化していく」

 「物理的スケール感を抑制することによって

 精神的スケール感が高まっていく」現象の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (旅の時間と日常の時間を隔てる境目を認識しつつ

 旅情を残したまま終幕を迎える事によって

 新たなる物語の予感を宿す幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに躍動感と重厚感、会話と観光旅行的映像

 ロマンスと教訓&社会性が静かに交錯する

 「ビフォア・サンライズ 恋人たちの距離」第2章であると言えるでしょう。

 続編映画特有の「映像的スケール感増幅」に背を向けて

 精神的発展性に重きを置く事によって

 「ビフォア・サンライズ 恋人たちの距離」を

 神話の領域へと導いていく本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント