映画に感謝を捧ぐ! 「壊滅のバターン」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。
 
 今回はリチャード・ソープ監督の「壊滅のバターン」に

 感謝を捧げようと思います。

DVD>戦争映画パーフェクトコレクション〈戦火の英雄たち〉(10枚組) (<DVD>)
DVD>戦争映画パーフェクトコレクション〈戦火の英雄たち〉(10枚組) (<DVD>)

 第2次大戦期のバターンに駐留する

 女性兵士13人の運命を描いた本作は

 各種映画要素と女性目線が交錯する戦争映画であります。

 女性+医療班目線で戦争を描くという発想によって生を受け

 戦闘よりも人間模様に重きを置いて進行する

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「軍事宣伝要素と娯楽映画要素による共同戦線」と

 戦時下の女性心理を映画的に表現する試みの

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (悲劇的決着にハッピー・エンドの装飾を施したかのような

 気配を放つ幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「女系戦争映画」史上屈指の

 堅実作と呼びたくなる作品であると言えるでしょう。

 愛憎劇、医療映画、戦争映画の特性と

 1940年代のアジア事情の一端が

 融合することによって生を受けた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント