映画に感謝を捧ぐ! 「無限の青空」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はハワード・ホークス監督の「無限の青空」に

 感謝を捧げようと思います。

無限の青空 [DVD] - ジェームズ・キャグニー, パット・オブライエン, ジューン・トラヴィス, スチュアート・アーウィン, バートン・マクレーン, アーサー・エディソン, ハワード・ホークス, フランク・ウィード, ジェームズ・キャグニー
無限の青空 [DVD] - ジェームズ・キャグニー, パット・オブライエン, ジューン・トラヴィス, スチュアート・アーウィン, バートン・マクレーン, アーサー・エディソン, ハワード・ホークス, フランク・ウィード, ジェームズ・キャグニー

フランク・ウィードの同名舞台劇をもとにして作られた本作は

 巧妙にして生真面目な映画技術と

 J・キャグニー&P・オブライエンの名コンビぶりが

 冴え渡る飛行機映画であります。

 H・ホークス監督作の持ち味である「男気&華麗なるヒロイン」と

 飛行機映画的スリル&サスペンスを的確に押さえつつ

 適正なるスケール感&スピード感を保ちながら進行する

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「王道性と個性をバランス良く配合する」

 「俳優&女優陣の持ち味を引き出す」映画作りと

 冒険活劇的魅力と人情劇的魅力

 舞台劇技法と映画技法による共同戦線の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アウトロー系主人公の運命を意図的に抽象化し

 生真面目系主人公の活躍を前面に出しつつ

 天候に関する吉報を挿入することによって

 勇壮感と渋味が交錯する幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「人情派飛行機映画」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 特殊効果を駆使したアクション・シーンを極限まで抑制し

 人間関係に重きを置きながらも

 大衆娯楽的魅力を維持し続ける作劇法&映像技によって

 後年の飛行機映画に対する「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント