映画に感謝を捧ぐ! 「我は海の子」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はヴィクター・フレミング監督の

 「我は海の子」に感謝を捧げようと思います。
 
我は海の子 特別版 [DVD] - フランツ・ワックスマン, スペンサー・トレイシー, フレディ・バーソロミュー, ライオネル・バリモア, メルヴィン・ダグラス, ミッキー・ルーニー, ヴィクター・フレミング, ルイス・D.ライトン, ジョン・リー・メイヒン, ルドヤード・キプリング, ハロルド・ロッソン, マーク・コネリー, デイル・ヴァン・エヴェリー
我は海の子 特別版 [DVD] - フランツ・ワックスマン, スペンサー・トレイシー, フレディ・バーソロミュー, ライオネル・バリモア, メルヴィン・ダグラス, ミッキー・ルーニー, ヴィクター・フレミング, ルイス・D.ライトン, ジョン・リー・メイヒン, ルドヤード・キプリング, ハロルド・ロッソン, マーク・コネリー, デイル・ヴァン・エヴェリー

 ルドヤード・キプリングの同名小説をもとにして作られた本作は

 大衆娯楽性と文学性が交錯する海洋冒険映画であります。

 ホームドラマ風味とアクション風味を

 バランス良く配合したストーリーと

 映画的魅力と「小説の挿絵」的魅力を

 兼ね備えた映像+俳優陣が

 互いの持ち味を生かし合い

 効率性と見せ場主義の均整を保ちながら

 進行する光景は

 私に「小説と映画の長所を有効活用する」

 作劇法&映像技と

 娯楽性と教訓劇性を両立させる妙技の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ハッピー・エンドの形態を取りながら

 状況設明的台詞を極限まで抑制しつつ

 「海の男+その家族」の思いを写し出すことによって

 鑑賞者の想像力を刺激すると同時に

 純文学的渋味を感じさせる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「人情派海洋冒険活劇」の雄と
 
 呼ぶにふさわしい作品であると言えるでしょう。

 空間限定型映画+活劇的スリル&サスペンスと

 日常劇的人間模様を両立させるスタッフ陣と

 紳士性と荒くれ性の均整を保ち続ける

 主演男優S・トレーシーの熱演によって

 後年の海洋冒険映画に対する

 「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント