映画に感謝を捧ぐ! 「アルマゲドン2008」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はキース・ボーク監督の

 「アルマゲドン2008」に感謝を捧げようと思います。

アルマゲドン2008 [DVD] - クリスチャン・ソリメノ, ジェームズ・ウィルビー, ジェームズ・コスモ, チョー・ワ・ヴオン, ドン・ワリントン, ロウィーナ・キング, キース・ボーク, ドミニク・モーガン, マット・ハーヴェイ, クリスチャン・ソリメノ
アルマゲドン2008 [DVD] - クリスチャン・ソリメノ, ジェームズ・ウィルビー, ジェームズ・コスモ, チョー・ワ・ヴオン, ドン・ワリントン, ロウィーナ・キング, キース・ボーク, ドミニク・モーガン, マット・ハーヴェイ, クリスチャン・ソリメノ

 彗星の激突がもたらす危機に立ち向かう

 人々の運命を描いた本作は

 クールな小規模映画会社的戦術に彩られた

 災害系SFであります。

 大作系SF映画史に刻まれし豪快作

 「アルマゲドン」の有効活用を前面に出した邦題

 状況設明的台詞&描写に重きを置きつつ

 「アルマゲドン」路線から「ディープ・インパクト」路線へと

 急進するストーリー

 SF的特殊効果を極限まで抑え

 記録映像的な表現を多用した映像技が一体となる光景は

 私に、省エネ&リサイクル精神とハッタリ精神の両立法と

 アメリカ製災害映画の王道を利用して

 アメリカ映画的問題解決法に対する警鐘を放つ試みの

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (力業によるハッピー・エンドと渋味の利いた後日談が

 交錯する幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「風刺系+優等生系軽量級SF」の一翼を担う
 
 作品であると言えるでしょう。

 大作系SF映画の法則を忠実に守りつつ

 娯楽的盛り上げ&ヒーロー礼賛よりも

 ドキュメンタリー風味を優先させ

 「自然の雄大さ&人間の小ささ」を示していく離れ業に挑んだ本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント