映画に感謝を捧ぐ! 「ジョーズ4/復讐編」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョセフ・サージェント監督の

 「ジョーズ4/復讐編」に感謝を捧げようと思います。

ジョーズ 4/復讐編 [DVD] - ロレイン・ゲイリー, マイケル・ケイン, マリオ・ヴァン・ピーブルズ, ジョセフ・サージェント
ジョーズ 4/復讐編 [DVD] - ロレイン・ゲイリー, マイケル・ケイン, マリオ・ヴァン・ピーブルズ, ジョセフ・サージェント

 ピーター・ベンチリーの小説「ジョーズ」をもとにして作られた

 人気シリーズの4作目となる本作は

 様々な執念が交錯する

 「ジョーズ」シリーズ史上屈指の珍作であります。

 長年の宿敵を追い続けるサメの執念

 身内の仇を討ち取り

 呪われた縁を断ち切ろうとするブロディ一家の執念

 1作目の主演女優R・ゲイリーを帰還させ

 前3作の状況設定を力業で継承する事によって

 「ジョーズ」神話を継続しようとする映画業界人の執念が

 絡み合ったストーリー&演出、キャラクター造形は

 私にモンスター映画の形態を取りながら

 人間模様を重視する作劇法&細切れ的映像技によって

 「モンスターの存在力&強敵感」が失われていく恐怖と

 シリーズ化された映画に宿る「呪い」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「ジョーズ」シリーズ史上最大級の

 省力感に彩られた「決着の付け方」に驚かされる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに壮絶なる穏健さ&緩やかさと
 
 静かなる妄執に取り憑かれた

 「ジョーズ第4章」であると言えるでしょう。

 神秘性&恐怖をかき立てる映像技&音楽技と

 1970年代的反抗文化と西部劇的男気が交錯する

 ストーリー展開によってサメ映画の英雄となった「ジョーズ」が

 人間とサメとの闘いという基本原則を保ちながら

 犠牲者を最大限に留めようとする穏健さ
 
 過去作の要所となる部分を加工し、再利用するリサイクル精神

 作品の要である「サメ」の実像をさらけ出し

 軽量級アトラクション風味を生成する大胆さによって

 和やかな形で「一つの終幕」を迎える姿が印象深い本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント