映画に感謝を捧ぐ! 「街の灯」

映画感謝人GHM(西村哲也)です。

 今回はチャールズ・チャップリン監督・主演の「街の灯」に

 感謝を捧げようと思います。



 盲目の花売り娘を救うために奔走する

 主人公の運命を描いた本作は

 サイレント系喜劇史上屈指の「バランス感覚」を誇る作品であります。

 コント的な笑い・意地悪な笑い・甘いロマンスが絶妙のバランスで配合されたストーリーと

 多種多様な音楽&映像表現が一体となる光景は

 私に、程よい喜劇要素によって「感動誘発臭」を緩和させ

 感動の純度を高める妙技と

 サイレントとトーキーの「分岐点」に現れた映画の運命を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「酒酔い喜劇」の王道要素を風刺的に応用する発想と

 ハッピー・エンドでありながらも「ほろ苦さ」を感じさせる幕切れが

 人生の奥深さを示している点も見逃せません。)

 まさに「面白まじめ系恋愛喜劇」界屈指の強豪作であると言えるでしょう。

 格差恋愛劇・ドタバタ喜劇・社会風刺を抱え込みながらも

 軽やかに進行していく物語に驚かされる本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「街の灯」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント