映画に感謝を捧ぐ! 「十六文からす堂 千人悲願」

映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は萩原章監督の「十六文からす堂 千人悲願」に

 感謝を捧げようと思います。


十六文からす堂 千人悲願 [DVD] COS-048
Cosmo Contents
2008-02-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 十六文からす堂 千人悲願 [DVD] COS-048 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



山手樹一郎の同名小説をもとにして作られた本作は

 多彩な出演者&娯楽要素を詰め込むことによって

 TVバラエティ&歴史資料の香りを放つ時代劇映画であります。

 勧善懲悪時代劇の伝統と

 西洋風コメディ・西部劇・ミュージカルの手法が一体となる光景は

 私に「MTV&アイドル映画的ムードを持った時代劇」に触れる機会と

 映画の中で「TV時代劇のスタイル」が確立されていく現象を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (どんでん返しサスペンス級の豪快さを持った

 「決着の付け方」となっている点も見逃せません。)
 
 まさに「和洋折衷系時代劇」の一形態を示した作品であると言えるでしょう。

 後年のTVシリーズに通じる道を切り開いた記念碑的作品である本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「十六文からす堂 千人悲願」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント