映画に感謝を捧ぐ! 「エアポート80」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はデヴィッド・ローウェル・リッチ監督の

 「エアポート80」に感謝を捧げようと思います。


エアポート'80 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-05-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エアポート'80 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 1970年の映画「大空港」をもとにして作られた
 
 人気シリーズの4作目となる本作は

 「エアポート」シリーズ史上屈指の笑撃作であります。

 出たとこ勝負&見世物的トラブルの連打を
 
 見せるために進行するストーリー

 整備士からパイロットへと転身したJ・パトローネの

 アクション・ヒーロー的活躍

 旅客機「コンコルド」へのこだわり&神格化が一体となる光景は

 私に「スター主義&群像劇の抑制による物語の小型化」と

 「過剰なアクション&緩やかなリアクションが醸し出すユーモア」の一形態と

 「予算&軍事技術の限りを尽くした攻撃を繰り出しながらも

 存在感を抑制されていく悪漢の悲哀」を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「目立てば官軍」感満載の軽やかな幕切れとなっている点も

 見逃せません。)

 まさに乗り物災害映画&テロ対策映画の枠を破壊し

 「航空機アクション滑稽劇」の領域に到達した

 大珍作であると言えるでしょう。

 長きにわたって君臨した「第1次エアポート路線」の

 最終章となる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「エアポート80」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント