映画に感謝を捧ぐ! 「ナチスの若き戦士たち」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は「ナチスの若き戦士たち」に

 感謝を捧げようと思います。





 ヒトラー・ユーゲント(ヒトラー青少年団)の姿を記録した本作は

 軽快なる恐怖を感じさせる記録映画であります。

 「心和ませるシーンの挿入」・「テーマソングによる盛り上げ」

 「見せるべき対象に的を定める映像技」といった

 娯楽映画テクニックを駆使して

 ヒトラーユーゲントの魅力を世に知らしめようという戦術は

 私に「政治&軍事宣伝と娯楽映画作りの共通項」と

 情報管制&支配戦術の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (娯楽映画的高揚感と情緒を保ったまま

 記録の終焉を迎えるよう配慮された作品であるという点も

 見逃せません。)

 まさに「娯楽的宣伝戦術入門」の一翼を担う過激作であると言えるでしょう。

 ナチス・ドイツの「人々に示したい部分」を的確に押さえ

 娯楽的サービス精神を施しつつ

 愛国心&正義漢を煽っていく姿によって

 一方的な情報に囚われない精神と

 表面的美しさ&和やかさに惑わされず

 「裏側」を読み取る脳機能を鍛えてくれる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「ナチスの若き戦士たち」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント