映画に感謝を捧ぐ! 「プロポーズ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はゲイリー・シニョール監督の「プロポーズ」に

 感謝を捧げようと思います。


プロポーズ [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-12-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プロポーズ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 1925年の映画「セブン・チャンス」をもとにして作られた本作は

 現実感とお伽噺感の関係についての

 一考察を示した恋愛喜劇であります。

 「セブン・チャンス」の持つサイレント的笑い&活劇性を抑制しつつ

 設定の現実味&恋愛要素を強化し

 ロマンス重視系の作品へと変化させるという試みは

 私に、リアル感を持たせようとする事によって生じる

 「浮世離れ感」の増大と

 トーキーとサイレントの「作劇的相違点」の一形態を娯楽的に示す方法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「セブン・チャンス」よりも情緒重視の幕切れを通じて

 アメリカ映画界のハッピー・エンド事情を体現している点も

 見逃せません。)

 まさに「恋愛映画&喜劇映画論」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 B・キートンと花嫁集団が織りなす

 クールでアトラクション的な鬼ごっこで名を成したサイレント喜劇を

 1980年代的青春味で加工することによって生を受け

 恋愛喜劇と時代との関係を写し出す本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「プロポーズ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント