映画に感謝を捧ぐ! 「ゴーストタウンの番外地」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアメリゴ・アントン監督の「ゴーストタウンの番外地」に

 感謝を捧げようと思います。


ゴーストタウンの番外地 [DVD]
映像文化社
2018-05-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴーストタウンの番外地 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 謎のゴーストタウンで繰り広げられる闘いの行方を描いた本作は

 凶暴にして戦術的なイタリア西部劇であります。

 イタリア西部劇の王道と空間限定サスペンスを

 融合させる事によって生を受け
 
 ある種の教訓性を孕みながら軽やかに進行する

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「舞台設定」によって予算&人員の節約と

 物語性の強化を共存させる戦術と

 「爽快感と虚しさが入り交じった世界」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「不浄の富」に魅入られた人々の末路と

 正義を選んだ人間たちの旅立ちを

 陽気且つブラック・ユーモア的なテーマソングと共に

 写し出す幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「お宝争奪系イタリア西部劇」の堅実なる

 豪快作であると言えるでしょう。

 イタリア西部劇的暴力&お色気の赴くままに進む野性と

 スケール感の適性範囲を保ち続ける理性を兼ね備えた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

 

"映画に感謝を捧ぐ! 「ゴーストタウンの番外地」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント