映画に感謝を捧ぐ! 「素晴らしき放浪者」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。
 
 今回はジャン・ルノワール監督の「素晴らしき放浪者」に

 感謝を捧げようと思います。


素晴らしき放浪者 ジャン・ルノワール監督 DVD HDマスター
IVC,Ltd.(VC)(D)
2016-10-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 素晴らしき放浪者 ジャン・ルノワール監督 DVD HDマスター の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 放浪者「ブデュ」と古本屋経営者「レスタンゴア」の

 運命を描いた本作は

 陽気なブラック・ユーモアに彩られたドタバタ喜劇であります。

 本性を隠すことによって平穏さを保っていた古本屋の日常が

 マイペースな放浪者によって変貌していく姿を

 サイレント喜劇、会話劇、ラブ・コメディの技法を使い分け

 豪快且つ上品に写し出していくストーリー&演出は

 私に「穏やかな日常に対するささやかな不満」

 「庶民階級が上流階級に抱くイメージ」

 「異階級交流の光と闇」を映画的に表現する手法と

 「性的な場面を巧みに抽象化し、鑑賞者の想像力を刺激する技法」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ラブ・コメディ的ハッピー・エンドを豪快にひっくり返し

 孤独でありながらも奔放な人生を求める男の姿が

 倫理観の枠を超えた独特の哀愁と感動を

 呼び起こす幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「日常喜劇系階級闘争&男女論」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 日常劇の香り漂う世界の中で

 心和むユーモアと意地悪なユーモア

 上品さとアウトロー気質が複雑に絡み合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「素晴らしき放浪者」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント