映画に感謝を捧ぐ! 「脱獄広島殺人囚」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は中島貞夫監督の「脱獄広島殺人囚」に

 感謝を捧げようと思います。


脱獄広島殺人囚 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2017-06-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 脱獄広島殺人囚 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 懲役20年の刑を受けた後

 7回にわたって脱獄を繰り広げた結果
 
 懲役41年7ヶ月となった男の生涯をもとにして作られた本作は

 逆境に身を投じ続けることによって

 凶暴さと計算高さを深めていく主人公の勇姿と

 いかなる状況下にあっても「彼を殺さない」事を貫き通す刑務官陣営の執念に

 圧倒されつつも心癒される実話系刑務所映画であります。

 1970年代の東映ならではの暴力性&ユーモア

 刑務所映画の王道&逃亡劇のスリル

 東映実録路線を彩る男たち

 荒々しくもユーモラス「主人公の心の声」

 1920年代の日本社会の一端が複雑に絡み合う光景は

 私に東映が誇る「極道人脈」

 1960年代のアメリカ映画に便乗しつつも

 個性を保ち続けるバランス感覚

 反権威的精神、娯楽人魂、倫理観のせめぎ合いが

 融合することによって生じる科学反応を

 堪能する機会をもたらしました。

 (和やかさ&危うさの中に「命の鼓動」を感じさせる幕切れが

 アクション映画的ハッピー・エンドとは一味違う感動と渋味を

 もたらしている点も見逃せません。)

 まさに「和製刑務所映画」の雄と呼ぶにふさわしい

 凶悪なる爽快作であると言えるでしょう。

 「仁義なき戦い」の流れを汲む映像技&キャラクター造形と

 中島貞夫監督&松方弘樹の名コンビが織りなす味わいによって

 「東映刑務所シリーズ」の幕開けを告げた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

 追伸  本作の主演男優

      松方弘樹氏のご冥福を祈ります。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「脱獄広島殺人囚」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント