映画に感謝を捧ぐ! 「静かなふたり」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエリーズ・ジラール監督の「静かなふたり」に

 感謝を捧げようと思います。


静かなふたり DVD
ポニーキャニオン
2018-05-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 静かなふたり DVD の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 古書店主「ジョルジュ」と従業員「マヴィ」の運命を描いた本作は

 クールにして過激な恋愛映画であります。

 パリの一角にある古書店の平穏な日常&ロマンスが

 不穏な出来事&世情と秘められた過去によって揺らいでいく姿を

 娯楽的盛り上げに依存せず、クール且つ軽快に描いていくストーリー&演出と

 庶民的ムードに溢れた俳優&女優陣、風景が一体となる光景は

 私に「人生のスリル&サスペンス+文学性」と

 男女関係の魅力&複雑さを映画的に表現する手法の
 
 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (悲劇的でありながらも「悲劇性の強調」に溺れず

 静かに物語を閉じていく幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「日常系+社会訓系格差恋愛劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 フランス映画ならではの繊細さ&渋味を感じさせるロマンスと

 社会に潜む危険要素が静かに絡み合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「静かなふたり」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント