映画に感謝を捧ぐ! 「夕立」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は「夕立」に感謝を捧げようと思います。





夕立の後に巻き起こる珍騒動を描いた本作は

 体技と「日常」に対する観察眼によって生成された

 サイレント喜劇であります。

 「傘」という道具を有効活用したアイデアの数々と

 男の愚かしさとアクション映画の突っ込み所を

 体現するかのようなストーリー展開が一体となる光景は

 私に「日常生活に潜む喜劇要素」と

 「視覚的&心理的発想力を感じさせる喜劇」の醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (恋愛映画的ハッピー・エンドを否定しつつ

 「悪行の報い」について語る幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級技巧派日常喜劇」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 C・チャップリン扮する主人公と恋敵が

 周辺人物を巻き込みながら繰り広げるコミカルな対決を通じて

 アクション映画&恋愛映画に対するブラック・ユーモアを放つと同時に

 傘の映画的活用法の一端を教えてくれる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

"映画に感謝を捧ぐ! 「夕立」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント