映画に感謝を捧ぐ! 「恐怖の溶解人間」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。
 
 今回はアンソニー・リッチモンド監督の「恐怖の溶解人間」に

 感謝を捧げようと思います。


恐怖の溶解人間 [DVD]
有限会社フォワード
2008-01-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 恐怖の溶解人間 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 製薬会社で発生したトラブルに対応する

 人々の運命を描いた本作は

 覗き見感覚と軽量感に彩られたモンスター映画であります。

 モンスター&ウイルス感染系SF、陰謀サスペンス

 1970年代的反抗精神が混ざり合ったストーリー

 アトラクション的モンスター造形

 「モンスター目線」に立った映像表現が一体となる光景は

 私に鑑賞者を「モンスター側」に立たせる技法と

 「映像的インパクト&見せ場至上主義」的作劇法の醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アクション映画的ハッピー・エンドによって「諸悪の根源」が隠蔽されるという

 皮肉の効いた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ジャンル混合型モンスター映画」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 政府&軍隊不信+効率主義的ストーリー展開と

 軽量級映画的残酷描写&お色気の赴くままに突き進む本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

"映画に感謝を捧ぐ! 「恐怖の溶解人間」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント