映画に感謝を捧ぐ! 「シュヴァルツェヴァルド氏とエドガル氏の最後のトリック」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はヤン・シュヴァンクマイエル監督の

 「シュヴァルツェヴァルド氏とエドガル氏の最後のトリック」に

 感謝を捧げようと思います。





 男2人による奇妙なショーを描いた本作は

 驚異的な自由度&映像言語性を感じさせるアニメーション映画であります。
 
 寸劇&異世界感溢れる舞台の中で

 漫才要素と大道芸要素、ホラー要素とコメディ要素が

 絡み合っていく光景は

 私に「複数の娯楽要素が入り交じった映像技法」と

 ストーリー不在でありながら「物語性」を感じさせる世界を

 堪能する機会をもたらしました。

 (「不気味でありながらも心和む」という不思議な感覚を

 味あわせてくれる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ショー・タイム映画」の究極形態を感じさせる

 作品であると言えるでしょう。

 舞台芸的アイデア、人形劇的キャラクター

 アニメーション技術力の融合によって

 「アニメーション作家J・シュヴァンクマイエル」の幕開けを告げた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「シュヴァルツェヴァルド氏とエドガル氏の最後のトリック」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント