映画に感謝を捧ぐ! 「96時間/リベンジ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はオリヴィエ・メガトン監督の「96時間/リベンジ」に
 
 感謝を捧げようと思います。


96時間/リベンジ [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2014-12-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 96時間/リベンジ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 2008年の映画「96時間」をもとにして作られた

 人気シリーズの2作目となる本作は

 軽薄さの中に悲劇性を宿すアクション映画であります。

 軽快&能天気に進行するストーリー&アクションの中に

 卓越した戦闘技術がもたらす武勇伝によって

 「家族」を危険にさらしてしまう主人公の悲劇

 外国人観光客によって戦場にされたイスタンブールの悲劇

 家族の無念を晴らすために非情な闘いに挑んだ敵将と

 彼に従った人々の悲劇

 「アクション・ヒーローの妻」としての人生に疲れながらも

 彼への愛を捨てきれない女性&彼女の再婚相手となった男性

 父親との絆によって「テロリスト的思考」に染まっていく少女の悲劇が

 宿るという現象は

 私に「家族愛」の持つ危険要素と観光地の悲哀を

 アクション映画的に表現する技法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (己の信念に殉じた「敵将」の姿と

 ホームドラマ風味漂うハッピー・エンドを並べることによって

 己の「正義」を信じる人間ならではの冷徹さを写し出している点も

 見逃せません。)

 まさに「血塗られた観光旅行系ホームドラマ」の称号にふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 無理矢理感に溢れながらも作品のテーマを的確についた邦題

 敵に同情したくなるほどの「冷静さ&戦闘技術力」を誇る主人公

 前作以上の破壊性を誇るアクション・シーンが

 爽快感、笑い、悲しみの入り交じった感動を呼び起こす本作と
 
 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

"映画に感謝を捧ぐ! 「96時間/リベンジ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント