映画に感謝を捧ぐ! 「アドルフ・ヒトラーの肖像」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は「アドルフ・ヒトラーの肖像」に感謝を捧げようと思います。


ドキュメント アドルフ・ヒトラー 狂気の野望 DVD10枚組 ACC-077
株式会社 コスミック出版
2016-07-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドキュメント アドルフ・ヒトラー 狂気の野望 DVD10枚組 ACC-077 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 ナチス党首アドルフ・ヒトラーの生涯をもとにして

 1940年に作られた本作は

 時代の空気と人類への皮肉を感じさせる宣伝用映像であります。

 ドキュメンタリー、アクション、ホラー

 ホームドラマ、アニメの技法を融合させ

 A・ヒトラー&ナチスの「悪行」を強調することによって

 彼らと同じ気配を放っていく映像&語り口は

 私に「戦いに生きる人間の宿命」・「第2次大戦期のヨーロッパ事情」

 「客観性を喪失したドキュメンタリーの恐怖」

 「政治&軍事的宣伝技術」の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (イギリスで生を受けた宣伝用映像であるにもかかわらず

 急加速的に「アメリカ礼賛+米ドラマ的クリフハンガー」へと転じる幕切れが

 連合軍の内情&アメリカに対する過剰な期待感を

 体現している点も見逃せません。)

 まさに「政府&軍部御用達映像入門」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 「連合軍目線のA・ヒトラー論」の幕開けを告げると同時に

 連合軍内部に潜む「ナチス風味」と

 ドキュメンタリーに宿る「危険要素」を写し出す

 無意識的&ブラック・ユーモア的過激作となった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「アドルフ・ヒトラーの肖像」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント