映画に感謝を捧ぐ! 「スピーシーズ4 新種覚醒」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はニック・ライオン監督の「スピーシーズ4 新種覚醒」に

 感謝を捧げようと思います。


スピーシーズ4 新種覚醒 [DVD]
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
2010-06-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 1995年の映画「スピーシーズ 種の起源」をもとにして作られた

 人気シリーズの4作目となる本作は

 人情味と狂気がせめぎ合う「スピーシーズ」最終章であります。

 メキシコという舞台、「スピーシーズ」の量産化

 家族劇風味の増幅によって

 「スピーシーズ」シリーズ特有のエロ&暴力よりも

 ドラマ&サスペンス風味が鮮明化していく現象は

 私に、終焉に向かいつつある「神話」が放つ哀愁

 映画における舞台設定の重要性

 テクノロジーの行き着く先についての一考察を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (前作までの「継続化を匂わせる幕切れ」と訣別し

 物語の終幕を明確化している点も見逃せません。)

 まさに「人情派スピーシーズ」と呼びたくなるような空気を

 感じさせる一作であると言えるでしょう。

 ポルノ的なモンスター系SFから

 エイリアンのDNAをもとにして作られた生命体の

 恐怖&悲劇を描く物語へと変異していった

 「スピーシーズ」シリーズの最期を飾る本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「スピーシーズ4 新種覚醒」 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント