映画に感謝を捧ぐ! 「毒薬(毒女)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はサッシャ・ギトリ監督の「毒薬(毒女)」に

 感謝を捧げようと思います。


フランス映画 パーフェクトコレクション 舞踏会の手帖 DVD10枚組 ACC-131
株式会社コスミック出版
2018-07-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 妻を憎む男「ポール・ブロバイエ」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 心和む毒気に溢れた喜劇であります。

 「夫婦による殺し合い」・「殺人の法律的解釈」

 「地域振興と犯罪を結ぶ絆」といった過激なテーマを

 日常劇&夫婦漫才的に描いていくストーリー

 技巧的且つ緩やかな演出

 フランス風味&庶民的ムード満載の俳優&女優陣が一体となる光景は

 私に「犯罪劇と滑稽劇の秘めたる近似性」と

 「弁護士の宿命&田舎町的人間関係」を映画的に表現する技法の一形態を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「悪」の勝利を高らかに掲げつつも

 勧善懲悪とは異なる爽快感と和やかさに包まれた

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「フランス流日常系犯罪喜劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 「舞台裏」から幕を開けるという奇策

 後年の「シリアル・ママ」に通じる犯罪認識

 MTVに通じる音楽&ラジオ番組の活用法

 残酷な状況を巧みに抽象化&喜劇化する技術力が光り輝く本作と
 
 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「毒薬(毒女)」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント