映画に感謝を捧ぐ! 「ミート・オブ・ザ・デッド」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はコナー・マクマホン監督の「ミート・オブ・ザ・デッド」に
 
 感謝を捧げようと思います。


ミート・オブ・ザ・デッド [DVD]
アルバトロス
2006-02-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミート・オブ・ザ・デッド [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 旅行中にゾンビと遭遇した女性の運命を描いた本作は

 奇抜さと堅実さが共存するゾンビ映画であります。

 節約感満載の映像と

 ホラー風味からアクション風味へと

 段階的に変化していくストーリーの中で

 「ゾンビ牛」の存在感が光り輝くという現象は

 私に「ゾンビ映画の経済的効能」・「ワン・アイデア勝負の醍醐味」

 「謎解きや情緒に溺れず、目先の状況に対応することに徹する

 ストーリー展開の魅力」を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (生還を「新たなる悲劇の前兆」として描いた幕切れが

 人生のネガティブ面を写し出している点も見逃せません。)

 まさに「山系ゾンビ映画」史上屈指の軽量ぶりと

 皮肉に彩られた作品であると言えるでしょう。

 極限まで軽量化された「世界の危機」を通じて
  
 愛情の儚さ、自然を軽んじた人間の末路

 安全運転の重要性を教えてくれる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

"映画に感謝を捧ぐ! 「ミート・オブ・ザ・デッド」 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント