映画に感謝を捧ぐ! 「盲目ガンマン」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はフェルナンド・バルディ監督の「盲目ガンマン」に

 感謝を捧げようと思います。


盲目ガンマン MWXS-001 [DVD]
エーアールシー株式会社
2017-04-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 盲目のガンマン「ブラインドマン」と彼を取り巻く人々の

 運命を描いた本作は

 大作感と大衆食堂感が交錯するイタリア西部劇であります。

 強引な設定&アクション映画的ご都合主義満載のストーリー展開を

 野性的な暴力&お色気、破壊的アクション

 大作的物量&人員攻勢で補強し

 勢い任せに突き進む光景は

 私に「身体的ハンディキャップを抱えたヒーロー」

 「男性的欲求に忠実な作劇法」の醍醐味と
 
 大作主義と軽量級作品主義による平和的共存の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (勧善懲悪的ハッピー・エンドと見せかけて

 無法の世界に生きる男たちの友情&駆け引きを

 コメディ的に表現した幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「コミック・ヒーロー系イタリア西部劇」の一翼を担う
 
 作品であると言えるでしょう。

 「視覚障害者のガンマン」という豪快すぎるヒーロー造形を

 勢いと男性向けサービス精神によって正当化する姿に心打たれる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「盲目ガンマン」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント