映画に感謝を捧ぐ! 「エンバイロン」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアンドリュー・ブレンダーガスト監督の

 「エンバイロン」に感謝を捧げようと思います。


エンバイロン [DVD]
パンド
2003-12-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 石油プラントでモンスターと遭遇した人々の運命を描いた本作は

 懐かしさと素朴さに彩られたモンスター系SFであります。

 「エイリアン」・「ダイ・ハード」の流れを汲む

 ストーリー&演出、キャラクター造形

 TVドラマ感満載の色彩、コンパクトなモンスター造形が

 緩やかに進行していく光景は

 私に「テロ対策映画とモンスター映画」の共同戦線と

 既視感溢れるアイデアをつなぎ合わせる映像技&作劇法の醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (力業でモンスターを葬りつつ

 「諸悪の根源」を法的に追いつめる幕切れとなっている点も

 見逃せません。)

 まさに「節約&リサイクル系SF」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 災害映画風味溢れる主人公チーム+映画史上屈指の「穏健派テロリスト」が
 
 「ダイ・ハード系ヒーロー&ホラー風味」満載のモンスターに立ち向かう姿を

 節約的&細切れ的表現の限りを尽くして描くことに挑んだ本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「エンバイロン」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント