映画に感謝を捧ぐ! 「ジョン・ヘンリー」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマーク・ヘン監督の「ジョン・ヘンリー」に

 感謝を捧げようと思います。


ディズニー・ショートフィルム・コレクション [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2015-08-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ハンマー使い「ジョン・ヘンリー」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 様々な教材性を持ったアニメーション映画であります。

 初期サイレント喜劇級の軽量さの中に

 「南北戦争直後のアメリカ事情」と

 「ビジネス&機械信仰の暗部」を詰め込んで

 ディズニー的サービス精神の赴くままに進んでいくストーリー&演出は

 私に「非殺傷系ヒーローの醍醐味」・「合理主義と人情味のせめぎ合い」

 「挿入曲の戦術的活用法」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。 

 (哀しみ&不安の中にあっても「ユーモア&希望」を

 保ち続けようとする人々の姿を

 静かに写し出す幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ディズニー流労働系武勇伝」の称号にふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 ディズニーアニメの精神&技術力と

 アメリカ史の転換期が融合することによって

 善男善女向けの笑い&活劇性に包まれた

 「穏健派英雄伝」となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「ジョン・ヘンリー」 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント