映画に感謝を捧ぐ! 「オトラントの城」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はヤン・シュヴァンクマイエル監督の

 「オトラントの城」に感謝を捧げようと思います。





 ホーレス・ウォルポールの小説「オトラント城奇譚」を

 もとにして作られた本作は

 軽妙なるロマンに彩られた疑似実録映画であります。

 「オトラント城奇譚」を実話系小説と見なし

 リポーターと学者の質疑応答と

 資料を基にした「歴史の再現映像」を交互に写し出すという試みは
 
 私に「ファンタジー」を史実化させる技法、歴史学者の宿命

 中世ヨーロッパの家族&恋愛事情を歴史教材的に表現する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ファンタジーへの愛と怪奇風味が交錯する

 奇妙な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「歴史教材風ファンタジー」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 童話的ムード、ドキュメンタリー風味

 複雑怪奇な人間模様、サイレント技法

 科学主義と神秘主義のせめぎ合いが交錯する本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

" 映画に感謝を捧ぐ! 「オトラントの城」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント