映画に感謝を捧ぐ! 「ミモザ館」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジャック・フェデー監督の「ミモザ館」に

 感謝を捧げようと思います。


ミモザ館 [DVD]
ジュネス企画
2012-10-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 宿屋「ミモザ館」を経営する夫婦と

 義理の息子「ピエール」の運命を描いた本作は

 相反する要素が絶妙のバランスで配合された

 家族劇であります。

 和やかな人情喜劇から愛憎渦巻く悲劇へと転じていくストーリー

 過激な描写に踏み込みつつ上品さを保ち続ける演出

 庶民的ムードと浮世離れ感が入り交じった俳優&女優陣が一体となる光景は

 私に「義理の親子関係」を維持することの難しさ

 人生に潜む「罠」、宿屋の持つ物語的可能性の大きさを

 映画的に表現する技法の一形態を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (娯楽映画的盛り上げを抑制しつつ

 愛と博奕によって「盲目化」した人間の悲劇と

 「人生&金銭」に対する痛烈なる皮肉を放つ

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「フランス流家族悲劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 宿屋一家の「穏やかな日々」が静かに崩壊していく姿を通じて

 人生の光と闇を写し出す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「ミモザ館」 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント