映画に感謝を捧ぐ! 「知られざる大陸」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はヴァージル・W・ヴォーゲル監督の「知られざる大陸」に

 感謝を捧げようと思います。


知られざる大陸 [DVD]
ランコーポレーション
2015-12-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 海軍の南極調査チームに参加した男女4人の運命を描いた本作は

 力業と小技が絡み合うSF映画であります。

 南極を舞台にした冒険活劇と見せかけて

 「時間旅行系&巨大生物系SF」要素を繰り出す豪快さと

 SF映画的ハッタリと予算&人員節約を

 巧みに共存させる堅実さを兼ね備えたストーリー&演出は

 私に「サービス精神と倹約精神を両立させる作劇法」と

 「南極」の娯楽映画的活用法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (安易な自己犠牲&ヒーロー礼賛に依存しない

 穏健且つ生真面目な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「恐竜系SF」の歴史に輝く軽量作であると言えるでしょう。

 空間&人数的スケール感をコントロールする知略と

 荒唐無稽さと説得力、精神的スリルと物理的スリル

 均整を保とうとするバランス感覚によって

 後年のSF映画&TVドラマに対する「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

"映画に感謝を捧ぐ! 「知られざる大陸」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント