映画に感謝を捧ぐ! 「トレジャー・オブ・スネークアイランド」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はブレット・ケリー監督・主演の「トレジャー・オブ・スネークアイランド」に

 感謝を捧げようと思います。





 海賊「ジョン・カッター」と彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 作品全体を包み込む「遊戯感」に心和まされる海賊映画であります。

 効率的且つ緩やかに進行するストーリー&アクション・シーン

 TVゲーム風味漂うCG映像

 安物感満載の俳優&女優陣が一体となる光景は

 私に、男児のロマンと大人の節約精神が

 融合する事によってもたらされる科学反応と

 スピード感&暴力性を抑制する事によって

 「笑い所」へと変異したアクションの味わいを

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (悲劇の香りを匂わせながら「能天気なハッピー・エンド」へと着地する幕切れと

 のどかさの中に哀愁を宿す後日談も見逃せません。)

 まさに「海賊ごっこ映画」の一翼を担う

 大いなる珍作であると言えるでしょう。

 性急さと緩慢さ、冒険活劇とモンスター映画

 小規模映画特有の「倹約&便乗商品精神」と

 男のロマンが複雑に絡み合う本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「トレジャー・オブ・スネークアイランド」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント