映画に感謝を捧ぐ! 「庭園」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はヤン・シュヴァンクマイエル監督の「庭園」に

 感謝を捧げようと思います。





 郊外の一軒家に集う人々の運命を描いた本作は

 童話的ムード&風刺劇的ムード漂う

 奇妙な会話劇であります。

 道中劇として幕を開け、ホームドラマを経由し

 怪談的な方向へと向かっていくストーリー&演出は

 私に「ファンタジーと政治風刺の融合」と

 「殺人&破壊に依存しないスリル&サスペンス」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (和やかさと残酷さが静かに絡み合いながら

 「権力による洗脳」を体現する幕切れとなっている点も

 見逃せません。)

 まさに「陰性ホームドラマ型政治論」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 J・シュヴァンクマイエル監督のアニメ技法&社会派要素と

 実写的映像技の融合によって生を受け

 1960年代のチェコ事情&独裁国家生成法の

 一端を写し出す本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「庭園」 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント