映画に感謝を捧ぐ! 「遊侠列伝」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は小沢茂弘監督の「遊侠列伝」に

 感謝を捧げようと思います。


遊侠列伝 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2015-11-11

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 遊侠列伝 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



  東映が誇る人気シリーズの1つ
 
 「列伝」シリーズの4作目となる本作は

 時代の過渡期を感じさせる任侠系極道映画であります。

 人情劇・愛憎劇・任侠路線の王道が

 せめぎ合うストーリー&演出

 任侠路線の正義系スター高倉健&敵役スター天津敏の

 変化球的活用法

 増幅された喜劇要素が一体となる光景は

 私に「1970年代日本映画事情」の一端に触れる機会と

 「愛故に悪意の操り人形となった男」

 「忍耐強さ&愛情深さによって状況を悪化させる」悲劇を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (西部劇の形態を模しながら、任侠路線の末期を感じさせる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「暴力系愛憎劇」の一翼を担う

 作品の1つであると言えるでしょう。

 「列伝シリーズ」特有のスター映画性を抑制し

 勧善懲悪と人間模様の間に立った本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

"映画に感謝を捧ぐ! 「遊侠列伝」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント