映画に感謝を捧ぐ! 「ローン・ハンド 孤高の男」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョージ・シャーマン監督の「ローン・ハンド 孤高の男」に

 感謝を捧げようと思います。





 農夫「ザカリー・ハロック」と息子「ジョシュア」の

 運命を描いた本作は
 
 人情と極道が絡み合う西部劇であります。

 ホームドラマの世界にサスペンス&アクションを

 挿入したかのようなストーリー&キャラクター造形と

 西部劇の王道に即したアクション・シーンが
  
 融合することによって生じる科学反応は

 私に「日常が静かに揺らいでいく恐怖」を

 西部劇的に表現する手法と

 人情味とスリル&サスペンスによる共同戦線の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (探偵小説+特撮ヒーローの香り漂う

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「巻き込まれ系西部劇」の一翼を担う

 軽量作であると言えるでしょう。

 アメリカ製西部劇&犯罪映画の王道に即しつつ

 「息子目線」主体で物語を展開させるという発想と

 効率主義とドラマ&活劇的盛り上げの均整を保つバランス感覚が冴え渡る本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
  

" 映画に感謝を捧ぐ! 「ローン・ハンド 孤高の男」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント