映画に感謝を捧ぐ! 「マシーンヘッド」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマイケル・レナード・マーフィー監督の

 「マシーンヘッド」に感謝を捧げようと思います。


マシーンヘッド [DVD]
アルバトロス
2005-12-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 死体とエンジンを合体させた「排気エンジン人間」を

 生み出した男「マックス・ケルプ」の運命を描いた本作は

 衝撃と笑撃が襲い来るモンスター映画であります。

 「フランケンシュタイン路線」を継承しつつ

 ワン・アイデア主義&出たとこ勝負精神の赴くままに

 突き進む事によって生成されたストーリー&演出が生み出す

 狂気と笑いの世界は

 私に「奇想天外すぎる発想」と「乱暴な編集技」によって

 発生するブラック・ユーモアの一形態と

 「科学的狂気の誕生」に関する一考察を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (無理矢理感満載の「感動誘発描写」を
 
 一瞬で笑いへと転じる幕切れによって

 映画界に蔓延する「感動至上主義」を皮肉っている点も
 
 見逃せません。)

 まさに「ブラック・ユーモア系モンスター映画」の歴史に輝く

 大珍作であると言えるでしょう。

 奇抜なアイデア、流動的作劇法、ホラー+コメディ的モンスター造形

 論理性を気にせず、お化け屋敷的脅かしを追求した映像技&編集技が

 一堂に会することによって

 フランケンシュタイン路線の醍醐味と

 悪ノリ&パロディ的笑いが混ざり合うモンスター的作品となった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

 

" 映画に感謝を捧ぐ! 「マシーンヘッド」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント